unumPlate(ユーナムプレート) ユーナムプレートは、あなたの描く理想の1枚をカタチにするオーダーメイド鉄板ブランドです。アウトドアをより楽しむための世界で1枚のオリジナル鉄板をカスタマイズして頂けます。極厚鉄板などの厚みがあるものはもちろん、ハンドル、スリット、フチなど多彩なオプションから、お好きなものを選択していただくことが可能です。

Slit(スリット)の特長

 

1㍉単位でサイズ指定が可能なベースにさまざまなオプションを組み合わせ、あなただけのプレートがデザインできるユーナムプレートのオーダーメイド鉄板。今回は切断系オプションの「Slit(スリット)」をご紹介します。

 

 

Slit(スリット)とは

 

Slit(スリット)とは、ユーナムプレートのオーダーメイド鉄板の切断系オプションです。

Slit=「長い切れ目」の意味通り、鉄板に10ミリ間隔の長穴を抜いていきます。

焼肉屋さんの鉄板によく見られるデザインですね。

 

そんなポピュラーなオプションSlit(スリット)のメリット、デメリットをご紹介いたしいます。

 

Slitのメリット

 

お肉を五感で楽しめる

 

 

Slit(スリット)は切断系のオプション、すなわち貫通穴を抜く加工です。

お肉を焼く際、スリットの間から炭や薪のいい香りがうつり、極上のスパイスに。

もちろん高音に熱せられた鉄の部分がお肉に綺麗な焼き目をつけ、見た目も美味しく仕上がります。

味はもちろん鉄板で焼く音、そこへ加わる香りと見た目…まさにお肉を五感で楽しめるプレートです。

 

 

余分な油を落としてくれる

 

 

焼肉屋の鉄板のように、お肉から出る油がスリットから下へ落ちます。

ホルモンや皮などカリッと仕上げたい方や、ヘルシーにお肉をお召し上がりいただきたい方には

スリットがおすすめです。

 

安価かつ短納期

 

切断系のオプションは、ベースプレートを切り出す際のレーザー切断で全て完了します。

Groove(スジミゾ)やPocket(ウチミゾ)、Edge(ソトミゾ)といった切削系オプションのように別工程へ回す必要がないため、他のオプションに比べ安価で短納期の仕上がりとなっています。

 

 

Slitのデメリット

 

ギアが汚れてしまう

 

スリットは全て貫通穴ですので、当然お肉の油はぽたぽた落ち…お気に入りの焚き火台やコンロを汚してしまいます。

特にバーナー系との相性は良くないでしょう。

バーナー系の熱源で綺麗な焼き目を楽しみたい方は、Groove(スジミゾ)をお勧めします。

 

 

Slit(スリット)の仕上がり、加工範囲

 

ユーナムプレートのイージーオーダー鉄板は、気軽に、安価にオーダーいただけるよう

各種オプションの詳細はご指定いただけません。

 

イージーオーダーにおけるオプションSlit(スリット)の詳細は以下の通りです。

 

スリット幅–ピッチ–R

10ミリ–20ミリ–5R

 

加工範囲

焼き面のフチより内側20ミリ以内

 

なお、スリット幅やピッチ、加工範囲など詳細に指定したい方は

フルオーダー鉄板をご用命ください。

 

スリット幅15ミリ、ピッチ20ミリ、R1
ハーフスリット:スリット幅8ミリ、ピッチ20ミリ、R4

 

フルオーダーの製作事例はこちら。

 

まとめ

 

いかがでしたか。オプションSlit(スリット)は手軽にオーダーを楽しみたい、炭火や薪でガンガンお肉を楽しみたいユーザーに好まれるようです。

 

コストも安く納期も短めなオプションなので、ぜひ試してみてください。

コメントは受け付けていません。

特集